同伴にまつわるお客の珍行動集7選

キャバクラ

気心知れたお客となら、とっても楽しい同伴出勤。時には想定外な事態も!お客がとった珍行動を語ります。

珍行動①急に指名を外す

同伴出勤するためA氏と共にエレベーターを待っていると、飲みに来ようとしていたB氏とちょうど鉢合わせ。

A氏は誰とでも気さくに絡む陽気なオジサン。B氏は物静かなタイプだが、付き合いも長く何でも話せる間柄。

幸いどちらも友達営業。

このメンツなら、変にスルーしなくてもいける!

ナチュラルにB氏と挨拶を交わし、3人でエレベーターへ。

とは言え共通点は、指名料を払ってウマイを指名するという点のみ。一歩間違えれば気まずい空気になってしまうだろう。

エレベーターから店の入り口まで、賞味1分。

入店後は別々の席へ座ることになる赤の他人同士。この1分を、いかに和やかに乗り切るかが鍵となる。

短い時間で思いついた軽いボケをかまし、初対面の2人が笑いながらウマイにツッコミをいれる。いいぞ!いい雰囲気だ!

まるで3人で同伴してきたかのようなノリで通路を歩き、無事入店。黒服は一瞬混乱していた。

まずはA氏の接客。ほぼ同時に入店となったB氏のテーブルには、15分後には向かうことになるだろう。

外された指名

20分たっても黒服が呼びに来ない…

確認すると、今日は指名されていないことが判明!

めんどくせぇぇぇぇ!色恋か!

笑顔でB氏のテーブルに向かう…

ウマイ「なんで呼んでくんないの~!?」

B氏「いや…その…あの…忙しそうだから…」

その気づかい超いらねぇよ。

珍行動➁秒で帰る

C氏と同伴し、エレベーターに乗るとD氏も乗ってきた!

C氏はめちゃくちゃお金使ってくれる良客ですが、少々デリケートで嫉妬深い。

「こんなにお金使ってるのに、なんで他のお客を入店させるの?断れないの?」なんて質問をしてきたことがある。

ウマイが楽しそうに接客している姿を視界に入れたくないという理由から、必ずVIPルームに入るようにもなった。

一方D氏は、以前場内指名をもらって以来2度目の再会。

前回とは髪型も恰好も違うウマイに、D氏はまだ気付いていない可能性が高い。あえて声はかけないでおこう。

D氏「おぉ!ウマイちゃん!飲みに来たよ~」

ウマイ「い、いらっしゃいませ~!ありがとうございます!(意外とすぐバレるもんだな)」

エレベーターに乗っている最中、C氏の感情は読めなかった。

太客<<<<<<100人の細客

入店後、着替えを済ませC氏のテーブルへ急ぐ…

C氏「あのさ…帰る

はぁぁぁ??めんどくせぇぇぇぇ!!

焼きもちを焼くパターンは何度かあったが、帰る発言はレアである。

引きとめてほしい思いが嫌というほど伝わってくるが…

お帰りいただいた。

珍行動③条件付き

フリーでついて連絡先を交換したものの、来店する気配が全くないE氏。もはやお互い顔を忘れているメル友状態。

店には来ないが、ウマイからのメールは定期的に欲しがる。

県外のお客あるあるです。

でもね、そういうお客って、近場に来る機会があればむしろ熱い!高確率でお店に顔出してくれます。

いつかひょっこり遊びにくれれば良い…

そう思い、何年間もメールを送り続けてきた。

再会のチャンス到来

E氏「今度出張でそちらに行くから、ご飯でもどうですか?」

きたぁぁぁ!

例えたった1度の同伴だとしても、これまでの労力が形になるかと思うと感無量。

E氏のほうも、数年ぶりのウマイとの再会は悲願だったに違いない。

滅多にない機会だし、会いに来て良かったと思ってもらえるように、最高に楽しい時間を演出しなければ!

念のため確認

ウマイ「同伴してもらえるとありがたや」

E氏「う~ん…とりあえず1回会って、顔見てから同伴するか決めて良い?

総合的にイラッとしたので断った。

珍行動④金がない

フリーでついて以来、半年ほどラインのみのやり取り。F氏はどうやら、キャバクラを飲み歩くタイプではない模様。

1度目のお誘い

F氏「今度ご飯行きませんか?」

ウマイ「同伴してもらえるとありがたや」

F氏「同伴はできない

ウマイ「そっか~。私、夜は毎日出勤だから、同伴じゃないとご飯難しいわ。ごめんね!」

2度目のお誘い

F氏「話したいことがあるので今度ご飯行きませんか?」

ウマイ「(さすがに同伴だよな…?)いいよ~!」

花金に居酒屋で再会

とりあえず乾杯。

近々仕事で独立する決意を固めたらしく、意気込みやら苦労話を淡々と語るF氏。

時には励まし、時には凄いね!などと熱心に聞いているうち、入店時間が迫ってきた。

F氏「え?ウマイちゃん今日仕事なの?」

は?

F氏「俺同伴できないよ?お金無いし。」

なんで呼んだ?

毎日出勤してるって言ったよな?

同伴じゃないとご飯難しいって言ったよな?

しかも今日花金なんだけど?

お前と約束したがために、他の同伴断ったんだがぁぁぁぁ!

F氏を残し、光の早さで退散した。

珍行動⑤マルチ商法の勧誘

まだ1度しか会ったことのないG氏からご飯のお誘い…

同伴してくれる気はあるのかね?

普段ならさぐりを入れるところですが、その日暇だったウマイは血迷った。

掛け同伴してみるか!

G氏と待ち合わせ

G氏「ご飯の前に会わせたい人がいるんだ。本当に凄い人でさ!ちょっと付き合ってもらっても良い?」

意味分からん展開ではあるが…うまく行けば、もう1人お店に連れていけるかもしれん。

承諾したは良いものの、どういうわけか、どんどん細い道へ誘導されていく。

ぬぐいきれない不安

やがて、古いマンションへ到着。

ここに入るってか??

怖ぇぇぇぇ!

もはや掛け同伴なんぞどうでも良いわ!

退散する言い訳を考えているうちに、マンションの一室へ案内される。

入口で警戒していると、ケバいおばちゃんが笑顔で迎えてくれた。

やむを得ず中へ入る…

ドアは開けっ放しにされていたので、彼らなりに気を遣っていたのかもしれない。分からんけど。

今思い出しても無防備すぎるウマイ、恐ろしや…

マルチのおばちゃんVSウマイ

中へ通され椅子へ座ると、さっそく始まったマルチ商法の勧誘!

どうやら、商品は化粧品のようだ。

パンフレットをずらりと並べ、どれだけ素晴らしい商品かを熱弁するおばちゃん。

これまでたくさんのマルチ商法の勧誘を受けてきたが、共通しているキラキラした瞳はやっぱり異様だ。

下手に断ったら刺激になるだろうか…

内心ビビりまくっていたウマイの脳内、フル回転。

ダメージを最小限に抑えつつ、早めに脱出したい…

ウマイ「この化粧品が素晴らしいのは分かりました。試しに1セット購入します!ただ、在庫抱えて商売するのは時間に余裕がないので難しいです~」

おばちゃん「1セットだけ購入というのは無理なの。どうたらこうたら…」

ウマイ「え!でも良い商品なんですよね?1セットだけ売ってくださいよ!在庫抱えることはできませんけど。」

おばちゃん「そういうのは無理なのよ。だからねどうたらこうたら」

ループする会話。

例え1セットでも、”買う”と言う人間に対し、絶対に売ろうとしないおばちゃん強い。

作戦Bへ変更!

ウマイ「あ!もうこんな時間!早く出勤しないとお店から連絡きちゃう!1セット買うのは諦めますね。失礼します!」

光の早さで退散した。

珍行動⑥厄払い

週1ペースで同伴してくれるH氏。同伴あるあるな定番のお店より、ちょっと変わった場所に連れていくのが好きなお方。

一番多かったのはキャバクラ。マジで楽しい!

まさかの神社同伴

H氏「ウマイちゃん、今年厄年だね?厄払い行ったの?」

ウマイ「あ~何にも考えてなかった!」

H氏「よし!次の同伴は神社だ!

まじか。まずい…かもしれん…

いざ、神社へ

時間帯のせい?時期はずれのせい?

とにかく人が少ない!

こ、これは目立つぞ。

震えながら、受付で名前を記入。

H氏「俺はその辺ぶらぶらしてるから、しっかり祓ってもらって!」

ウマイの本名

ウマイは源氏名と本名が別なのですが…お客に聞かれたら躊躇なく本名をフルネームで教えています。

ただ、働いてる途中で名字が変わったんですよ。結婚して。

H氏に教えていたのは結婚前の旧姓の名字。

「結婚したので名字変わりました~」なんて、口が裂けてもお客には言えないってね。

なので、受付で名前を書くときめっちゃ悩みました。

旧姓で厄払いしてもうらって、なんか罰が当たりそう。

ただ、H氏にバレて嫌われるのも困る…

悩んだ末、旧姓を記入することに。

神様についた嘘

神主「〇〇〜〇子~の~なんちゃら~」

結婚前のフルネーム入り祝詞を聞きながら、雑念だらけの脳内。

厄払いの流れがイメージできていなかったせいもあるが、祝詞が聞こえる範囲にH氏が居ないと分かっていれば…現在の名字を書くべきだったかもしれん。ミスったか?神様ごめんなさい。

無事終了し、H氏と合流。

H氏「ぶらぶらしてたんだけど、どんな感じか興味あってちょっとお祓い覗いてたわ。なかなか面白かった。」

やっぱり旧姓を書いといて良かった…

3年後、離婚して名字は戻った。

珍行動⑦ゆがみすぎた性格

いつも負のオーラ全開のI氏。

I氏「今度親戚の結婚式に行く」

ウマイ「へぇぇ!おめでたいね!」

I氏「めんどくさいだけだよ。自分だけ幸せになりやがってブツブツ…」

狂気の口癖

I氏「やっぱり僕たち合わない。結婚の話はなかったことにしよう。

ウマイ「え?付き合ってすらないけどどうした?」

I氏「…」

”結婚の話は無かったことにしよう” “やっぱり結婚はやめよう”的な話を15分に1度は口にするI氏、狂気の沙汰!

飲み代のこと…?

I氏「金返せ!

ウマイ「借りたことないんですけど…頭大丈夫ですか?もうお店来ないでもらえますか?」

店「いらっしゃいませ~」

I氏「来ちゃった」

こんなノリの人物。

そこまで暇じゃない

知り合って数年…初めて誘われた同伴は、当日の夕方でした。

I氏「今日焼肉同伴しよ~!」

ウマイ「え?今日?ごめん今日は予定あるから無理です!次はもうちょい早めに声かけてくださ~い。」

I氏「しね!

失礼すぎて笑う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました